脂肪注入豊胸の強み

脂肪注入豊胸は自然な見た目と感触を得られるのが大きいといえます。豊胸前のバストと触り心地がほとんど変わらず、細かい希望を実現しやすいといえるでしょう。さらに、レントゲンにも映りません。レントゲンで豊胸がばれることもないのは安心できる理由になるといえます。また、アレルギー反応や拒絶反応が起きにくいのも大きく、後遺症の心配も少なくなります。また、部分痩せの効果もあり、必要な脂肪は自分が選んだ部位から選択が可能です。傷跡に関してもほとんど分からないものです。切開範囲は数ミリ程度であるため、他人から見てわかるものではありません。

シルエット身体脂肪が多い方やバストの皮膚がよく伸びる方に適しており、1~2.5カップ分のサイズアップが可能です。自然なバストであるとともに、大きさを大きくしたいと思う方にとってぴったりの種類といえます。ただ、元のバストからどれだけバストアップできるかは、施術をしてからの経過を見ないと分からないものです。

事前にどういった要望があるのかを伝え、そのうえで要望通りになるかをまずは確かめてみるのがよいでしょう。脂肪注入豊胸にはさまざまな強みがあり、魅力的であるのは間違いありません。多くの方の希望に沿うだけの理由があるといえるでしょう。

脂肪注入豊胸の流れ

手術脂肪注入豊胸の流れとしては、まずは脂肪吸引を行っていきます。次に注入する脂肪の作成であり、余分な水分、トリグリセライド、老廃物などを除去していきます。そしてバストへの脂肪注入を行っていき、可能な限り細かく丁寧に注入することが可能です。事前にどういった要望があるのかをしっかり伝えるのが大切になります。バスト脂肪の定着としては、注入した脂肪が徐々に大きくなっていくものです。

そして、注入直後は凄くバストが大きくなるため、喜んでしまう方も少なくありません。ただ、3か月ほどかけて徐々に小さくなっていくのが特徴になります。ただ、定着した脂肪は半永久的に残るものです。自分の脂肪であるため、自然と老化していくため、老化していく過程で不自然になることもありません。

どういった要望があるのかをはっきりし、そのうえで対応してもらうようにするのがよいでしょう。脂肪注入豊胸はあくまでも自分の脂肪であるため、自然に老化するのもポイントです。自分のバストと同じように見えるため、特に違和感はないといえます。半永久に豊胸効果が持続するといわれており、バストアップ効果とシェイプアップ効果にまで期待ができるのが人気の理由といえるでしょう。

美容外科の豊胸手術の種類

バストアップ女性らしい豊かな胸や自然な丸みのある胸に多くの女性が憧れているでしょう。ただ、これは生まれつきの問題もあり、皆が持ち合わせているわけではありません。となると、実現させるためには豊胸手術が近道となります。ただ、美容外科における豊胸手術にはさまざまな種類があることを覚えておかないといけません。どの種類を選択するかによって人生が変わるといっても過言ではないです。ひとつの方法になるのが脂肪注入豊胸となります。脂肪注入豊胸は術後の違和感や身体への負担が少ないのが特徴であり、本物の胸と変わらないやわらかさを持ち合わせているのも大きいです。自然で美しいラインのバストを手に入れるにあたって、脂肪注入豊胸は注目すべき種類になります。

今現在バッグを入れている方も対応可能です。バッグを抜き取った後に脂肪注入豊胸によってバストアップすることができます。コンプレックスを解消して女性らしい胸を手に入れることは可能であり、美容外科での豊胸手術はそのためのひとつの方法です。さまざまな不安がある方もいるでしょう。かかるお金も安くはないものの、長年のコンプレックスを解消すれば、女性としてさらに自信が持てるようになるはずです。

ここでは美容外科の豊胸手術のひとつである脂肪注入豊胸について詳しく解説していきます。どういったメリットがあるのかはもちろん、基本的な施術の流れなども把握しておけば、安心して選択ができるようになるでしょう。

関連リンク・・・豊胸手術|湘南美容外科クリニック(大阪梅田院)