脂肪注入豊胸の流れ

手術脂肪注入豊胸の流れとしては、まずは脂肪吸引を行っていきます。次に注入する脂肪の作成であり、余分な水分、トリグリセライド、老廃物などを除去していきます。そしてバストへの脂肪注入を行っていき、可能な限り細かく丁寧に注入することが可能です。事前にどういった要望があるのかをしっかり伝えるのが大切になります。バスト脂肪の定着としては、注入した脂肪が徐々に大きくなっていくものです。

そして、注入直後は凄くバストが大きくなるため、喜んでしまう方も少なくありません。ただ、3か月ほどかけて徐々に小さくなっていくのが特徴になります。ただ、定着した脂肪は半永久的に残るものです。自分の脂肪であるため、自然と老化していくため、老化していく過程で不自然になることもありません。

どういった要望があるのかをはっきりし、そのうえで対応してもらうようにするのがよいでしょう。脂肪注入豊胸はあくまでも自分の脂肪であるため、自然に老化するのもポイントです。自分のバストと同じように見えるため、特に違和感はないといえます。半永久に豊胸効果が持続するといわれており、バストアップ効果とシェイプアップ効果にまで期待ができるのが人気の理由といえるでしょう。